PwC

Tax & Legal

サプライチェーン・デュー・ディリジェンス法と日本企業への影響


近時、日本を含む世界各国において、ESG/サステナビリティに関する議論が活発化する中、各国政府や関係諸機関において、ESG/サステナビリティに関連する法規制やソフト・ローの制定又は制定の準備が急速に進められています。企業をはじめ様々なステークホルダーにおいてこのような法規制やソフト・ロー(さらにはソフト・ローに至らない議論の状況を含みます。)をタイムリーに把握し、理解しておくことは、サステナビリティ経営を実現するために必要不可欠であるといえます。
今回は、ドイツのサプライチェーン・デュー・ディリジェンス(人権デュー・ディリジェンス)法と日本企業への影響について紹介します。

なお、本稿は、PwC弁護士法人のESG/サステナビリティ関連法務ニュースレター(2021年10月)となります。

Issue October 2021

PwC弁護士法人の法務ニュースレターはこちらからアクセスください。

https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/news/legal-news.html