ドイツ源泉税の免税措置近代化法に基づく税制改正

ドイツ連邦参議院は2021年5月28日に、各種の税制規定の一括改正案である「源泉税免税措置近代化法」を最終的に可決成立させました。その一括改正法案の中心的テーマは、①アンチ・トリーティ・ショッピング規定の厳格化と②移転価格分野の改正です。

本稿においては、上記の二2つのテーマの改正内容を解説したうえで、在ドイツ独日系企業に及ぼす対する影響や、その対応策について解説コメントします。

なお、本記事は、『月刊『国際税務』2021年10月号』への寄稿記事を一部改訂したものになります。

Germany_newsletter_ishigami_atsuchi01

 

To the top